ブルーカットレンズ

効果

特徴

現代社会には、眩しさの原因と言われる「青色光」が溢れています。

パソコンや携帯電話、テレビはもちろん、ポータブルメディアプレーヤーやスマートフォン、携帯ゲーム機にいたるまで現代社会に浸透する多くのデジタル機器のモニター画面からは、眩しさやチラツキの原因と言われる「青色光」が発せられています。これらのデジタル機器を長時間使用することにより、眼に負担を感じると訴える人が急増しています。

デジタル機器に囲まれた現代の生活では、室内でも眩しさに対するケアは必要で、カラー付きメガネを使用すれば緩和されますが、職場での使用時などレンズに色を付けることに抵抗のある方もいます。

そこで、カラーではなくコーティングの技術によって眩しさやチラツキといった眼の負担を軽減する技術がブルーカットコーティングです。現代のライフスタイルとニーズに合った高機能コーティングになっております。


「青色光」によるボヤケの発生

通常のレンズと比べ約15%「青色光」をカット。
クリアな視界を手に入れることができます。

※レンズによっては10〜40%とカット率が異なります。

光りは波長により焦点距離が変わります。赤色が網膜上に焦点を結ぶとき、可視光線の中でも最も短い波長を持つ青色光は、硬膜の手前で焦点を合わせてしまうためボヤケが起きます。
青色光をカットすることで焦点距離の差が小さくなり、物が見やすくなります。

商品


眼に優しいレンズトップへ

トップへ

実際にどれくらいの効果があるのか?