CCP・CCP400

実際にどれくらいの効果があるのか?

下記に該当する方から支持を得ています。

・網膜色素変性症
・白内障
・白内障手術後
・緑内障
・先天無虹彩症
・糖尿病網膜症

さまざまなカラーがあるので用途に合わせてお使い分けが可能です。
当店では専用の掛け枠がございますので実際にお色を体感いただけます。

インドアでもアウトドアでも、ライフスタイルに合わせてお好きなカラーを選べるので、抵抗感無く
ご利用いただけます。まぶしさの原因となる500nm(ナノメーター)以下の青い光を一般のサングラス
より有効的にカットし、まぶしさを感じるあらゆる眼疾患をフルサポートします。

CCP400

まぶしさやコントラストがはっきりしないといった症状を引き起こす500nm以下の
波長光は、とくに散乱率が高く、エネルギーが大きい光線です。
TOKAIが開発した遮光レンズ「CCP」は、この網膜や角膜に大きな影響を与える
380〜500nm(ナノメーター)の青色の波長光を抑え、まぶしさを感じる眼疾患の違和感を緩和
させることに成功しました。
プラスチック製ならではの扱いやすさはもちろん、手頃なお値段からもぜひご利用
いただきたいレンズです。




効果

トップへ

眼に優しいレンズトップへ

一般のサングラスとCCPレンズで比べた図です。サングラスでは
相対的に明るさをカットしています。

眩しさの原因とされている500nm以下の光もコントラストに重要な550nm〜700nmの光もカット。

たしかに無色のレンズに比べれば眩しさをカットする効果は得られますがコントラストも落ちてしまいます。

一方でCCPレンズでは500nm以下の光はほぼカットしており、
550nm〜700nmまでの光も多く取り込んでいます。

つまり、眩しさを抑えながらコントラストを損なわないレンズです!

見え方の違い

特徴

CCP
遮光眼鏡はまぶしさの要因となる500nm(ナノメートル)以下の短波長光(紫外線+青色光線)を効果的にカットし、
それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズです。
まぶしさにより白く靄(もや)がかっているように見える状態を、短波長を取り除くことでくっきりさせ、コントラストを強調させます。
CCP色見本
遮光眼鏡装用時の見え方 (CCP400使用時)

遮光眼鏡をごしよういただくことで、まぶしさやぎらつきによる
不快感を緩和し、自然な見え方を取り戻します。

白内障手術前の見え方

白内障とは眼の中の水晶体が白色(茶褐色)になり
靄がかったようになることで視力が低下し、極端な場合は明暗がわかるだけになってしまいます。

水晶体を摘出し、眼内レンズを移植した時の見え方

白内障手術により眼内レンズを挿入し、見え方の改善が
行なわれても、眩しさやぎらつきが残る場合があります。